だんご22

義父の命日でキャロラインの実家へ。
家にいるときも墓参りの道中も、話の節々でだんごのことを口にするお義母さん。
(そんなにだんご食べたいのかなぁ、でもまさか昼食でだんごってこともないだろうけど…)、と思いつつ恐る恐る、そしてできるだけ冗談っぽく聞いてみた。
「お昼、だんごにしますか?(笑)」
「えっ、いいの?♡」
(えっ、マジで。失敗した~、聞くんじゃなかった…)

甘いものも大好きなワタクシ。だんごも決して嫌いじゃない。
でも、昼食でだんごっていうのはちょっと…。
まだ行ったことのないソースかつ丼が有名なお店や、極太超ロングな蕎麦の美味しいお店、かつ丼の付け合せに美味しいチヂミをサービスで出してくれる韓国人の奥さんがいるお店など、どこがいいかなぁってウキウキ考えていたんだけどな…。
まっ、しゃーないか、今回は。

ということで、お義母さん、張り切ってオーダー。


ごま、あんこ、ずんだ、くるみの4種類

3人で食べるにはちょっと多そうだったけど、お義母さん、よっぽどだんごが食べたかったらしい。
すべて甘いのばっかりっていうのもちょっと気になったけど、まあ、ワタクシも嫌いじゃないし3人で力を合わせればなんとかなるでしょ。

と、思っていたのもつかの間、お義母さん、
「あ~、もうお腹いっぱい。こうしさん、どんどん食べてね」
ちょっとちょっとお義母さん、あなた、だんご3個しか食べてませんよ。
1つのお椀にだんごが8個くらい入ってるからお椀が4つで8×4=32個。
ってことは単純計算で一人10個がノルマですよ、わかってますか?

って考えてたら、今度はキャロライン、
「あ~、私もお腹いっぱい、頑張って7個も食べたわ!」
は~っ? あなたたち親子は簡単な足し算、引き算もできないのかな?
32-(3+7)=22
ワタクシが一人で22個も食べなきゃ目の前のだんごは無くならないのでよ、わかりますか?
しかも4種類がオールスイート。
小学生の時、留守番中にアンドーナツを吐くくらい食べて本当に吐いてしまったのがトラウマとなっているワタクシにとっては拷問にもちかいオールスイート・トゥエンティトゥ。
この親子、ふざけるのもいい加減にして欲しい…。

なんてブツブツ考えながらもパクパクパクパク食べてたら、意外にあっさり食べちゃいましたオールスイート・トゥエンティトゥ。
基本的には甘いけど絶妙な感じで塩味が効いているのと、つき立てのお餅みたいになめらかなだんご生地のおかげでぺろりと22個、完食。
食べ終わったときには、(しばらくだんごは食べなくていいかな)なんて思ってたけど、ブログ書いてる今は(また食べたいな、2椀くらい)って思ってたり…(^^;)
おすすめです、皆さんもぜひ!

お店は、一関の厳美渓近く『滝見だんご』さん。
ちょっぴりソルティな餡と、シルキーなだんご生地をご堪能ください!

そういえばキャロライン、墓参りで自分のお父さんに、「まだお母さんを連れて行かないでね、もう少しこっちにいさせてね」って頼んでたけど、全然心配ないと思うよ、あのお義母さんなら。
お義母さんはお義母さんで、ウチの息子が小さかったときは「孫がランドセルを背負うのを見たい」って言ってたけど、その次は「中学生になるのを見たい」、その次は「高校生になるのを見たい」って言ってた。
そして昨日は、「東京オリンピックが見たい」だって(^^;)
大丈夫、少なくともあと4、5回くらいはオリンピック見れる感じですよ。
下手するとワタクシの方が先にお義父さんと再会してるかも…。
スポンサーサイト

こんな休日もたまにはいいかな、っていう休日

「水曜日、雨だね。バイク乗れないね。写真撮影のためにお店、貸してくれない、うふっ♡」
みないな感じで謙山デザインさんの奥様から。
ツーリングに行けない休みの日はどーせダラダラしてんでしょ、って思われてるみたいだけど…。
正解です、どーせダラダラしています。
謙山デザインさんにはfulalafuのロゴをデザインしていただいたという恩があるので撮影場所の提供くらいお安い御用なんですけど、ダラダラの休日を見透かされてしまっている悔しさから、恩着せがましい感じが滲み出るようにシブシブな感じで承諾したのでありました
!(^^)!

ある方の後援会用の冊子に使う写真の撮影とのことだったので、その方本人とカメラマンと謙山デザインさんのぜいぜい3~4人くらいかと思っておりましがた、実際には7人もの人たちが、「あーして、こーして、いやいや、これはこんな感じで、あれはあんな感じで…」みたいに、素人のワタクシには想像もつかないこだわりの現場となっておりました。
世の中には色々な仕事があって、色々な人たちが、色々なこだわりを持ってやってんだなー、ってワタクシらしい薄っぺらい感想を持ちながら見学していたのでありました。
楽しかったです。

そして驚いたことに、昨日の撮影のお礼状が撮影されていたご本人から届いたのでありました。
撮影が終わってからすぐに書いて投函してくれたのだと思います。
人間としての格の違いをまざまざと見せつけられたような、そんな気がした中の橋の夕景の絵葉書なのでありました。
このようなちょっとした気遣いを間髪入れずにやれる人ってすごいなって思います、ホントに。



あ~、送らなきゃと思っているお祝いや、書かなきゃと思っているお礼状が山ほどあるんですよね~。
あ~、どうしよ、あ~、どうしよ、あ~、あ~ (^^;)

6周年の御礼

ご挨拶が大変遅くなってしまいました。
先日の10月15日でfulalafuは開店6周年を迎えることができました。
これもひとえに皆さまのご愛顧のおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も皆さまのコーヒーに関わる時間が少しでも楽しいものとなるように、微力ながらお手伝をさせていただければと思っております。
まだまだいたらぬことばかりではございますが、私なりにできる限り努力してまいります。
7年目も何とぞよろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>

というわけで、たまにはちょっぴり堅苦しい感じでご挨拶をさせていただきました(^^;)

今でもときどき、「どう、順調?」って友人、知人、親類縁者、ご近所さんや裏の柴犬にまで聞かれます。
でも、しがない個人事業主の6年~7年目がどのような状態だと順調と言えるのかさっぱりわかりません。
わかりませんけど、「さぁ、どうなんでしょ?」って答えるのもなんとなく味気ないので、「まぁ、なんとか楽しくやってます」って答えるようにしています。
便宜上そんな答え方になってしまってはいるものの、楽しいのは本当だし、その楽しいっていうのがワタクシにとっては非常に価値のあることなんですよね、ホントに。

もちろん不安なことや心配なことも山ほどあります。
fulalafuのことはもちろん、妻のおしゃべりや体重、息子の勉強や部活のこと、八戸に一人で暮らしている母親のことなど、数えだしたらキリがありません。あっ、もちろん髪の毛のことも…。

それでも、「まぁ、なんとか楽しくやってます」って言えるのはとっても幸せなことなんだと思います。
そしてそれはfulalafuに来て下さる皆さまをはじめ、家族、友人、知人、ご近所さん、裏の柴犬にまで運よく恵まれたからなんだと思うのです。
いやぁ、もう、なんていうか、『ラッキー♡♡♡』としか言いようがありませんね。

もうこうなったら、死ぬまでラッキーが続くことを祈りつつ、ワタクシだけがラッキーだとちょっとだけ後ろめたい感じがするので、皆さまにもコーヒーに関わるちょっとしたところでラッキーのおすそ分けをしてあげようではありませんか、となんとなく上から目線的な感じの締めくくりとなってしまいました (^^;)

皆さま、いままでの6年間本当にありがとうございました。
そして7年目からもどうぞよろしくお願いいたします (^^)/

う~む、6周年を迎えての皆さまへの感謝の意、この文章じゃぁ絶対に伝わってないだろうなぁ…。


お隣さんのコーヒーの木に実がなったそうです
こっそり収穫して焙煎してみよう !(^^)!

『エチオピア モカ シャキッソ』&『ブラジル セラード 一番摘み』

(お待ちいただいていたかどうかはちょっとわかりませんが、とりあえず)
お待たせいたしました~、新発売です、しかも2種類 (^^)v



とにかく香りが抜群です。
なんとも言えない甘い香りです。
「ストロベリーのような~」と表現されることも多いようです。
ワタクシは瞬時に「ストロベリー」という感覚はありませんが、「あぁ、ここの感じ、確かにそう言われればそうだな」くらいのストロベリー感はあります。
コーヒーにストロベリー、ちょっと想像しにくい組み合わせではありますが、確かにそう感じさせるくらい個性豊かな豆だと思います。
そして個人的にはとても好きな豆です。
個性的な香りと酸味を楽しむハイローストか、どっしりとした苦味の中に甘い香りを感じるフルシティローストがこの豆のワタクシの好きな焙煎です。
ミディアムローストだと途中で酸味に疲れてくる感じがし、シティローストはなんとなくどっちつかずの印象を受けました。
ただし、これはあくまでもワタクシ個人の好みです、参考になれば、との思いで書いておきます。
どうか皆さんも好みの焙煎でお楽しみいただければと思います。



そしてfulalafuではこの時期の恒例になりつつあるブラジル産ファーストクロップの入荷です。
お米で言ったら新米、お蕎麦だったら新蕎麦のような鮮度抜群の豆です。
こちらはカカオ系の香ばしさとその余韻が一番の魅力だと思います。
ミディアム~ハイ~シティ~フルシティまで、どの焙煎でもそれに見合った美味しさを楽しめます。
懐の深い、コーヒー豆屋にとっても頼もしい豆でもあります。
こちらも皆さんのお好きな焙煎でお楽しみください。

えっ?どんな豆なのか、いまいちピンと来ませんでした???
そうですか、すみません、説明が下手で。
ダラダラ書くからわかりにくいんですよね。
では端的に。
モカ シャキッソがミッキー・ロークで、ブラジル セラードがトム・ハンクスです。
好きな人は好き、嫌いな人は大嫌いなミッキー・ローク、どんな役でもしっかりこなす懐の深いトム・ハンクス、そう思っていただければ大丈夫だと思います。

えっ?洋画は観ない、困った方ですねぇ…。
それじゃぁ、モカ シャキッソが火野正平で、ブラジル セラードが役所広司です。
もっと具体的に言うと、「長七郎江戸日記」の 辰三郎役の火野正平と、「Shall we ダンス?」の杉山正平役の役所広司です。
芝居が上手いのか下手なのかよくわからないけど、ハマっちゃったらもうどうにでもして的な火野正平、二枚目を鼻にかけることなくコミカルな役も難なくこなす役所広司、そんな感じです。
以上。

わかりましたか?大丈夫ですね?
ご注文時は「火野正平のハイロースト」、「役所広司のシティロースト」でもOKです (^^)/

そして最後に。
先日の10月15日でfulalafuは6周年を迎えることができたのですが、今日のこの流れでお礼を述べるとワタクシの感謝の意が絶対に伝わりそうにないので、次回あらためて書かせていただきます。
でもとりあえず、皆さま、6年間ありがとうございました。
そして7年目もよろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>

気仙沼ホルモン&箱根山ツーリング

水曜日。
友人が有休を取ってくれて、『石巻・蕎麦ツーリング』
の予定でありましたが…。
「10月から定休日が水曜日に変わったってよ」との直前情報。
あぶない、あぶない、『石巻・蕎麦屋の店先で呆然と立ち尽くすツーリング』になるところでした。
さすがは友人、だてにハゲてるわけじゃない。

オートバイツーリングの楽しさ、この友人から教えてもらったわけなのですが、それと一緒にハゲもしっかりうつされてしまいました。
30年前、あの時に借りた赤いヘルメットが原因かと…。
悔やんでも悔やみきれません (T_T)

皆さん、ハゲは遺伝じゃないですよ、感染です。

まあ、過去のことをグダグダ言っても仕方ありません。
気を取り直して、『気仙沼・ホルモンツーリング』に変更!


40分食べ放題コース、ごはんの量は大盛りからスタート

「サービスいいね」って言ったら、
「ホルモンばっかり食べられないように、じゃないの?」と。
なるほどぉ、さすが、むやみにハゲてるわけじゃない。


ジュ~ パチッ プチッ あちちちち ジュ~


お店の方もとっても優しい人でした ごちそうさまでした
近ければひと月に一度は行きたいお店です、個人的には (^^)

帰りは陸前高田経由。
6月に行った時、箱根山からの景色、霧でなんにも見えなかったのでリベンジです。


パラパラと小雨が降ってはいたものの、「ヤッホー 広田湾」

そして前回は営業時間前で中には入れなかった『箱根山テラス』
基本はB&Bですが、日中はカフェとして営業。
明るくてとても素敵な空間が広がっておりました。
いただいたコーヒーは『箱根山ブレンド』
どっしりとした深煎りで、これからの季節にぴったりなとても美味しいコーヒーでした。
ごちそうさまでした (^^)


テーブルが半円なのは窓ガラスに面しているから  この写真じゃね (^^;)


いつまでも居たくなるような心地よい空間です

そんなわけで、ちょっと長居してしまいました。
「ハゲなのによく喋るわねえ、あのオジサマたち」
そんな気持ちはおくびにも出さず、明るく控えめな笑顔でお会計をしてくれた女性スタッフさん、ありがとうございました。

ということで、気仙沼ホルモン、箱根山テラス、どちらもしっかりおすすめです。
機会がございましたら、ぜひ (^^)/
プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示