FC2ブログ

エチオピア・モカ・イルガチャフェ(アル・パチーノ)

明日から新生豆『エチオピア・モカ・イルガチャフェ』を発売いたします。
「モカ独特の香りと酸味のなかに甘さが余韻として残ります。綺麗な酸味とキレの良いコクをご堪能ください」という案内文にさせていただきました。味、香りついては人それぞれ、いろんな感じ方、表現の仕方があるかとは思いますが、誤解を恐れずに一言で申し上げますと『おいしい!』ということでいいのかな、と思います、はい。
既存のエチオピア・モカ・シダモと一緒にショーケースに並べて置いてみました。同じエチオピア産のモカでの飲み比べも楽しいかと思いますので、ぜひ一度お試しくださいませ!

この豆の印象をわかり易く有名人に例えるなら、映画『セント・オブ・ウーマン~夢の香り~』のアル・パチーノみたいな感じでしょうか。えっ、わかりにくい、かなり?
それならば、今回の転勤、人事異動でアル・パチーノみたいなちょっと気難しそうな上司と初めて会う前にイルガチャフェを飲んでおけば、緊張もとけてスムーズな挨拶ができあなたの好感度もアップ!みたいなイメージでしょうか。これならわかり易いのでは?えっ、ますますわからない。う~ん…。

IMGP0648 (800x600)
「アル・パチーノ、200グラム!」とご注文いただいても結構です
スポンサーサイト



たまにはこんなことも

先週のことになりますが、店のポストに見慣れぬかわいらしい封筒がぽつんと。
ん?また何かやらかしてしまったかな?爆弾処理班を呼んだ方がいいかな?などと思いながらもおそるおそる、そろりそろりと5分くらいかけて慎重に開封を。
ドカーン!ともならず、剃刀の刃が入っている訳でもなく、普通に一通のお手紙が。
数日前にお越しいただいたお客様からのお手紙なのでありました。
一応、店に対するお褒めの言葉(と受け取って良いのだと思います、たぶん)が書かれておりましてとても嬉しく思ったのであります。
そのお客様の事はカラスなみ(カラスの方がちょっと上かも)の記憶力の私でもちゃんと覚えておりました。
こういうのってお店をやっているオジサンには本当に励みになることなのです。ありがたいことです。
これでまたハンドピックも頑張れそうです。これからも宜しくお願いいたします、なのであります。

と喜ばせておいて「店は良いけどそこにいる薄ぼんやりした主人はどうも…」などとみかんの汁で炙り出しの手紙なんかになっていないかガスコンロの上でサラサラっと炙ってみましたが、大丈夫なようでありました。ほっ。
褒められることに慣れていないと、たまにこんなことがあってもなかなか素直に信じられないのであります。やれやれ…。

IMGP0643 (800x600)
素敵なお手紙、ありがとうございます

ご案内

たびたびご案内差し上げておりましたが、明日、3月11日(日)は法要のためfulalafuは臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

鉈屋ブレンド、おかげさまで順調な滑り出しとなっております。うれし~。

鉈屋ブレンドの続き

ということで昨日からの続きで『鉈屋ブレンド』のお話であります。
以前、中国・雲南マウンテン発売の際、実際に販売を始めてから2日後にブログで発表するという失態を犯してしまったため、今回こそはブログで発表をしたあとに販売を開始しようとチャクチャクと準備を整えておりました。
その一環で鉈屋ブレンドの凛々しい姿をカメラに収めるべく、実際のプライスカードをつけてハイッ、チーズ!と。ワタクシのするどいカメラワークとデジカメの性能を最大限に発揮した、ピューリッツァー賞獲得間違いなしの最高傑作を撮っていたのでありました。
「ハイッ、オッケー!」と監督の声が高らかに鳴り響き無事撮影が終了すると、時間はすでに18時過ぎ。この時間帯になると普段はお客様の来店はほぼありません。来店されたとしても焙煎済みの豆を買って行くお客様がほとんど。この時間に生豆からの焙煎を希望されるお客様はぜいぜい週に1人いるかいないかです。
(もう明日のためにプライスカードをつけたままショーケースに入れておいても大丈夫だな)と、かる~い気持ちで鉈屋ブレンドをセッティングしたところでお客様ご来店。(おっ、この時間に珍しいなぁ、焙煎済みの豆を買うのかな?)と思いきや生豆の焙煎希望とのこと。当店の閉店時間は19時。まだまだ焙煎には十分に時間があります。喜んで焙煎させていただきます。(でも鉈屋ブレンドだけは選ばないでね、お願いしますね、うふっ)とオジサンらしくかわゆい微笑みを浮かべながらやさしくテレパシーを送ったのであります。
が、しかし、そのお客様、す、す、す、すっと、視線が鉈屋ブレンド方面に。(あっ、だから、それはまだ販売しないのっ!明日からの販売なのっ!まだブログで告知してないんだからっ!告知する前に売れちゃったら、またまたお詫びのブログを長々と書かなきゃなんないんだからっ!ねっ、いい子だからこっちにしなさい、こっちに)とグァテマラ、マンデリン方面をワタクシのつぶらな瞳でチラッ、チラッと。
しかしお客様、そんなワタクシのつぶらな瞳は一切無視!20種類もある生豆の中からよりにもよって鉈屋ブレンドをロックオン!そして何の躊躇もなくミサイル発射ボタンをポチッとな。「鉈屋ブレンド、400g。2袋に分けてもらえます?」と。
…、ああ、またしてもお詫びブログというか言い訳ブログを長々と書くのか~と、気持ちいいほど見事に撃墜されてしまったfulalafu42歳の春なのでありました。
ということで、今回も告知が発売より後になってしまいました。こんなダラダラの文字だけブログ、最後まで読んだ方はいらっしゃらないでしょうが、まずはお詫び申し上げます。
あと2種類ほど新たに発売を控えている生豆がありますので、その時には必ずリベンジを。
鉈屋ブレンド、美味しく飲んでいただいたかなぁ…。

鉈屋ブレンドです

『鉈屋ブレンド、発売いたします!』のブログとなる予定だったのですが、あれやこれやで、『もう、発売しちゃいました!』。またもやブログでの告知が後回しになってしまいました。
詳しく言い訳を書こうと思っていたのですが、こんな時に限って自宅のパソコン、ご機嫌ななめ。
やむを得えず、iPhoneからのブログ初更新。しかし、一文字一文字、ワタクシにとってはひじょーに気の遠くなる様な作業。よって続きは次回に持ち越しと言うことで、あいすみません。
いやー、疲れた…。

IMGP0641 (800x600)

などと、ゴチャゴチャやっているうちに、なおりましたパソコンのご機嫌。確定申告の入力やら何やらで酷使していましたからね、すんません、すんません。
ということで、ここからはパソコンでのスム~ズな入力で。いや~、気持ちいいーっ!

そうそう鉈屋ブレンド。ついに発売いたします。(実は、ひょんなことから既に販売してしまったのでありますが、そのあたりのお話はまた後ほど…)
ほぼ配合割合も決まり、念のための最終チェック…の段階で「んっ?なんかちょっと違うなぁ」とまさかの延長戦突入。初めてのブレンドづくりということもあるし、何よりも鉈屋町のみなさんへの感謝の思いを形にしたいということもあり、やはり妥協はできません。
で、ちょこちょこと微調整を重ねてようやく自分なりの鉈屋町のイメージに仕上げたつもりであります。
オープン前から現在に至るまで、鉈屋町のみなさんには本当に温かく見守っていただいております。
「こんな(人通り、車通りの無い)場所で大丈夫なの!?」とか、「お客さん来てるの?今後の見通しは?」など何かと心配していただいたり、「(ある情報紙へ)取材に来てもらえるように手紙送るからこんな感じでいい?」
と原稿を見せに来ていただいたり、「あの店は潰しちゃ駄目だ!」と飲み会で熱く語ってくれていたと知人から聞いたり、と本当にありがたく思います。それでいて恩着せがましくないというか、さりげないというか、そのあたりがまた何とも優しいなあと感じるのであります。
そんなイメージを感じながらつくってみた『鉈屋ブレンド』ぜひ一度お試しいただければと思います。

以前、盛岡の大御所からエルサルバドルとパナマの生豆の品質安定性については注意が必要と教えていただいておりました。今後の仕入れの際には十分に注意していこうと思っております。明らかに味に変化があった場合には何らかの対応策を講じたいとも考えております。

あっ、なんか長々と書いてしまいました。こんな稚拙な文章、読む方も大変ですよね。
ということで、この続きは次回ということに。
『鉈屋ブレンド』よろしくお願いいたします!

あっ、それから、何度かブログでご案内さしあげておりましたが、次回の3月11日(日)は臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、こちらもよろしくお願いいたします。

営業時間変更のご案内

誠に勝手ながら明日、
3月5日(月)12:00~19:00までの営業とさせていただきます。
どうぞご了承下さいますようお願い申し上げます。

また、以前のブログでもご案内させていただいておりましたが、
3月11日(日)臨時休業とさせていただきます。
重ねてお願い申し上げます。

流行ってんの?

ずーっと、やらねばやらねば、と思っていたことの一つ、生豆の特徴をfulalafuホームページに追加いたしました。
今まで何人かのお客様に、ホームページで生豆の特徴がわかるようにして欲しい、とのご意見をいただいていたのですが、ページを作成するための記述言語HTMLとやらがよくわからずに今日までずるずると…。
大変おまたせいたしました。これでお電話でのご予約などの際に少しは生豆を選ぶ参考になるかと思います。ぜひご検討下さいませ。

さて先日の定休日、朝一で散髪に行ってきました。いつもの理容ヒラトヤ菜園店さんへ。
心地よい顔剃りの最中に店長さん、「きれいですねぇ~、鼻毛の処理」と。
いやぁ~、地球で暮らし始めてかれこれ42年、鼻毛を褒められたのは初めての経験でありまして、ひじょーにうろたえてしまったのでありました。
店長さんの優しさというかサービス精神みたいなもので、お客であるワタクシを褒めて良い気持ちにさせてあげようと思ったのでしょうが、どこを探しても褒るところが全く見当たらず、焦りに焦って苦し紛れに出た言葉が「~鼻毛の処理」。すごい着眼点、参りました。

こんなワタクシにでも褒められるところってあるものなんですねぇ。いやはや、まったく…。
世界中で鼻毛を褒められたことのある人って何人くらいいるんでしょうね?意外とけっこういるのかなぁ?あっ、もしかして鼻毛を褒め合うのが流行しているのですか、巷では?知らなかった…。

しかし店長さん、あんな短時間のうちに鼻毛に着目できるとは、ただ者ではありませんね、間違いなく。恐るべし…。
プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示