FC2ブログ

終わりだそうです、6月

今日で6月も終わりらしいですよ。
たしか2、3日前に5月が終わったばかりと記憶しておりましたが…。
あまりに早すぎるなぁ、時間の流れ。
こんなんじゃ、ようやく一息つけるのは棺桶に入ってからですね、たぶん。
ひぇ~ (@_@)


信長用と秀吉用
スポンサーサイト



Ambasaも困るけどフェラーリも困りますよ

前回のブログの中で、我が家では炭酸飲料を飲んでるとこ見つかると妻が暴れる、ということをかなり控えめな感じで書いてみた結果がこれ。


お客様、「はい、これ」と “Ambasa”

優しいお心遣い、誠にありがとうございます。
息子だけではなくワタクシが飲んでもしっかり怒られるんですけど。
「そんなの飲んじゃダメって言ってるじゃない、抜けるわよ、もっと!」
みたいな感じで。
まあはっきり言って、そのあたりをしっかり期待しての差し入れだと思いますけど、お客様は。

せっかくの期待を裏切るようで本当に申し訳ないとは思いますが、帰る前に店で飲んじゃって、空き缶を息子の枕元にそっと置いておく、という戦法で今回のワタクシに迫る危機は回避させていただきます。

あとは翌朝の息子の危機回避能力をしっかりと見極めるだけですね。

ちなみに、昔、フェラーリを乗り回していたら妻に怒られたこともありますよ。
困るなぁ、もし、「差し入れです、はい、これ」って持ってこられたら、フェラーリ。
しかも昔の古いフェラーリだったら、生死をさまよいそうなくらい困りますよ、ホントに。

imageCATFD2YP.jpg
これ、これ、これが困る



赤い風車

昨日の定休日、久々に家族で温泉へ。
鴬宿温泉の「赤い風車」というところへ。
少し前のことですが、オープンしたと聞いていて気になっておりました。

で、着いたところはなんか見覚えのある建物。
なんと、旧南部富士見ハイツでありました。
サラリーマン時代、何かの研修とか会議とかで何度か来た記憶が。
お風呂もしっかりその時のままで、同期のKちゃんと仕事のことグダグダ言いながら、しばらく露天風呂でチャポチャポしていたのを思い出しました。
そしたら、部屋の布団の上で、これまた同期のNさんと、ポルシェが好きとか嫌いとかそんなくだらない話を延々としていたのを思い出して、ついでに、その話をKちゃんが延々とハミガキしながら聞いていたのまで思い出して、この人いつまでハミガキしてんだろ?と思っていたら、今度は今日着ていたTシャツとパンツを服屋の店員さんも真っ青な丁寧さでピシッピシッとたたみ始めて、なんだコイツ?と思ったことまでも思い出してしまいました。
あぁ、懐かしぃ…。

風呂上り、「いいよ、なんでも好きなもの買って」と息子に自動販売機の前で。
選んだのは“Ambasa”(懐かしい、まだ売ってるんですね)
そのあと風呂から上がってきた妻に「そんなの飲んじゃダメって言ってるじゃないっ!」ってしっかり怒られてました。
息子、なんか助け舟出して欲しそうな目でワタクシを見ておりました。
もちろん、しっかり、知らんぷり。
世の中そんなに甘くはないのだよ、キミ。

あ、それから、息子、「ピノキオ」のこと「キノピオ」と覚えていたことも判明。
ワタクシも「ボクシング」を「ボシクング」としばらく覚えていたことまで思い出しました。

と言う訳で、いろいろといっぱい思い出した有意義な定休日でありました。


乞うご期待

あさ顔プロジェクト

今年もやって参りました、『あさ顔プロジェクト』
今回fulalafuで頂いた品種は「暁の春」。


どんな感じに咲いてくれるのか楽しみです。

ちなみに昨年は


紗矢佳ちゃん

名前どおりかわいい感じでしたね。

それにしても「暁の春」ってなんか変な感じが…。
「春の暁」ならなんとなくわかるんですけど…。

でも、咲いたのを見たら「なるほどぉ~、確かに“暁の春”じゃのぉ~」ってなるんだと思います、きっと。
楽しみですね。

おススメは中辛ですよ

妻はどちらかといえばFM派、ワタクシは音楽派、車の中。
よって妻が車を使った後に運転するとかなりの確率でFMが流れることに。
そしてかなりの確率で『スヴェンソン式増毛法』とやらのCMが…。
松木安太郎氏もご愛用らしいです。
毎回気になってしょーがないのであります。

過日のブログ、ドラゴン麺・大辛についてコメントが。そのドラゴン麺を教えて下さったお客様から直々に。
要約すると、「おススメは中辛って言ったじゃない、バカバカバカ~。大辛なんか食べてたらますますハゲるんだから~」という内容。

そんな訳で『スヴェンソン式増毛法』、どうなんでしょ?


うさちゃん、もしくはジャビットくん

       ジャビット

定休日でした

昨日の定休日、久しぶりに夕方からキャロラインと買い物に。

キャロライン、シャツの試着。
試着室のカーテンがシャーッって開いたと思ったら、

「ダメ、これ。袖のボタンかかんないから…」と。

「………、袖の?………。」

人生、いろいろあるものですね。へぇ。


カップ&ソーサー うまい!そして副葬品にもってこい!

セカンドシーズンに入っております


ジャーン!


チラッ


ジャジャーン!


ジャジャジャーン!

皆さま、お忘れではございませんか、折り紙倶楽部。
何のお知らせもしないうちに折り紙が消えてしまったので、捨ててしまったと思われた方も多いのではないでしょうか。
実はあまりにも掃除が面倒になってきたので一旦撤収させていただいたのでした。たしか2月頃だったかな?覚えてません、もうすでに(*_*)

ということで折り紙倶楽部、セカンドシーズンに入っております。


セカンドシーズン、まずは概況報告。こんな感じに。

ファーストシーズンの作品もちゃんと使い道が決まっております。
そうです、そうです、皆さんのご想像通り、ワタクシの棺桶に敷き詰めるのであります。副葬品ですね、いわゆる。
まあ、まだまだ先のことであって欲しいとは思いますが、いずれは誰しもが納まるべきところ。ということであれば、お客様の折り紙に囲まれて、できるだけ幸せな感じで納まりたいではありませんか、うんうん。
「親父、愛されていたんだね、おふくろ以外には…」
みたいな息子のセリフが聞こえてきそうな、そんな感じになればなぁと。

これホントに妻と息子には伝えております、しばらく前から。
ということで、「あ~、早く焼けないかな~、豆。」と退屈の方はいかがでしょうか副葬品作り。
義務ではありませんからね、あくまでも任意ですから、任意。

あっ、なんか、うちの息子、折り紙と一緒に生豆も入れそうな嫌な予感が…。
「うれしいだろ、親父。最後までコーヒー豆と一緒だぜ。」
って一人悦に入っているアホ息子の姿が目に浮かんできましたよ、今。
豆のピチピチパチパチはぜる音が気になって、のんびり三途の川を渡れないような…。
「生前はコーヒー豆を焙煎してました、飲みますか、かなり深煎りになっちゃいましたけど…」って閻魔様の前で言う羽目に…。
「うっ!にがい、にがい!お前は地獄に行ってなさいっ!」ということになりかねないですね。

やばいやばい、帰ったらすぐに遺言状に追記しないと。
“生豆は絶対棺桶には入れるべからず!”

ドラゴン麺・大辛 + メロンパン

結論からお伝えすると、『ドラゴン麺・大辛』はホントに辛かった、というだけの内容です。
以下の文章はそれをダラダラ書いてるだけですので、お忙しい方、イライラしている方はお読みにならないように、くれぐれも。


ということで、第2戦、宮古・海カフェツーリングのお昼ごはん。
いただきました『ドラゴン麺・大辛』

場所は宮古へ行く途中の道の駅「やまびこ館」の中のレストラン。
「辛くておいしいですよ」と、しばらく前にお客様から聞いていたのを思い出して。

辛さは、小辛・中辛・大辛の3段階。
どの辛さがおススメだったかすっかり忘れてしまったのですが、3段階に分かれているのであれば一番辛いやつでも問題なかろうと。(5段階だと一番上のはちょっと怖い)
一応、レストランのお姉さんに「大辛ってカライですか?」と。
お姉さん、「カライです。」と見事なまでに抑揚、感情、副詞をそぎ落としたシャープな返答。べつに食べたくもない紙を目の前に差し出された小動物コーナーの山羊さんクラスの無表情さ、あっぱれ。

「カライですか?」と聞かれたら「カライです。」ってなっちゃいますよね、確かに。
ワタクシの低レベルな質問力にも問題が。

今回の場合のベストな質問のしかたは、
「大辛ってどれくらいカライですか?次の①~③で答えて下さい。 ①キャロラインと同じ屋根の下で二人きりで1週間。(部屋はいくつかあり気分転換のための行き来は自由) ②キャロラインと二人きりで車で1日ドライブ(窓を開けたりトイレ休憩は可) ③キャロラインと停電のエレベーターに二人きりで1時間(一切の逃げ場なし)」
でしたね。
これならどんなに無表情に答えてもらってもある程度は辛さのレベルを判断できたと思います。

で、もちろん大辛をチョイス。出てきたラーメンがこちら。


ドラゴン麺・大辛(やまびこ館人気ナンバー1、らしいです)

いざ実食!
「カライです。」山羊お姉さんの言うとおり。
ワタクシ的に付け加えるなら、レベル②~③でしかもかなり③寄りな感じでカライです。
でも決して③まではいってません。キャロラインと二人きりのエレベーターほどつらいものは世の中にはそうそうないと思います。

熱いしカライし、カライし熱いしで食べ終わるのに結構な時間がかかりました。
そして食べ終わった後の舌、ヒリヒリヒリヒリで空気があたっただけでも激痛が。
ヨーグルトとか生クリームみたいなやさしいものにどっぷりと舌を浸からせたい、そんな感じです。

で、レストランを出て目についたものがパン屋さんのメロンパン。
迷わず購入。


メロンパンを丸ごと顔まで持ち上げて、その表面に舌をずっと当てたまま外のベンチに居座るオジサン、なかなかの光景だったと思います。

ということで皆さまもいかがですか、ドラゴン麺・大辛。
メロンパンとの相性バツグンです。ラーメン食べながらメロンパン食べるというのが通っぽくて良いのではないでしょうか。山羊お姉さんからも一目置かれる存在になれると思います。

すみません、しっかり元気に生きておりました

なんとかしっかりジタバタジタバタ生きておりましたよ、ワタクシ。
前回のブログ更新がなんと1ヶ月以上も前!
5月は本当にちゃんと31日あったのか?
温暖化の影響で地球の自転スピードが3倍くらい速くなったとか、そんなことを疑いたくなるくらいあっという間の1ヶ月でありました。(皆さまのご来店に感謝<(_ _)>)

そうこう言っている間に6月も残り半分。う~む。

なにはともあれ、賢治ブレンド、おかげさまで好評のうちに販売を終了させていただきました。
「ずっと出しても良いんじゃないの?」という、ありがたいお言葉もいただいておりましたが、人気があるうちに引退するという山口百恵方式で行きたいと思います、今回は。
また何かの機会があれば期間限定再結成プリンセスプリンセス方式も良かろうかと。(新沼謙治、紅白復活出場のアカツキには…)
そして最後に各担当者の喜びの表情を…。

image[1] imageCA7ASAQ6.jpg imageCAJEDRV3.jpg imageCASCRUK4.jpg
「あっ、どーも、どーも、この度は…」

ところで6月に入ってからのこの暑さはなんなんでしょ?
コーヒー豆屋のオジサンとしては、エ~ン、エ~ンと泣きたいところなのではありますが、定休日の水曜日もしっかり晴れちゃうものですから、ヨッシャ、ヨッシャと気合も入っちゃうのであります。


ここ数年、開幕戦は日本海(秋田市)となっております。


第2戦は太平洋(宮古付近)で海女カフェならぬ海カフェ。


タンザニアのハイロースト。優しい酸味と潮風の香り、合います。
っていうか、波が近すぎて味わうどころではありませんでした、ホントは。


第3戦はまたまた日本海。秋田と山形の県境付近。
ここのキャンプ場、泊りに来たいと思いながらもなかなか機会が訪れず…。
今回もキャンプは無理なので、せめてもの昼寝。
足を組ませたら石田純一かワタクシか、というくらい決まってますね!

ということで、ワタクシのささやかなお願いといたしましては、木曜日から翌週火曜日までは涼しくて水曜日だけギンギラギンにさりげなく晴れるというそういう6月であって欲しいなぁ、などと…。
プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示