FC2ブログ

北欧関連あれやこれや


消印は、えーと 06.10.2014  ちょっと見えにくいと思いますが…

という訳でございまして、約1ヶ月も前のことをまるで昨日の事のように堂々と書くことで、この混沌とした世界におけるワタクシの存在理由を確かめようとしているような、いないような…。


フィンランドはヘルシンキから送られてきたムーミンの絵葉書

この紙切れ1枚が、さらに小さい紙切れ1枚を貼っただけで、遥か彼方の異国の地から折れも汚れもせずに指定された場所に届けられる仕組みって、よく考えると(考えなくても)すごい。

最近なんだか北欧に関わるあれやこれやが…。
とある企業からは北欧をイメージしたブレンドをすみやかに作りなさいと言われちゃうし…。
fulalafuのご近所さんのカリスマ美容師 figuletiさん はボルボを買っちゃうし…。
キャロラインは体型がどんどんムーミンママみたいになっちゃうし…。
ちゃうし、ちゃうし、ちゃうし、の北欧攻め。

対して、
仮称『北欧ブレンド』は何とか形になりそうで一安心。
ボルボは羨ましすぎるから、朝の掃除のときも絶対figuletiさんの方角は見ないようにしているし。
キャロラインのムーミンママ化は年内には“コンプリート!”の声が聞けそうだし。
まぁ、それなりに何とかなっているのです、良くも悪くも…。

そして最後に皆さん、ムーミンは「カバ」だと思っていましたよね、正直なところ。
ワタクシは成人してから知りました、「カバ」じゃないって、それなりのショックとともに。
アンパンマンの「かばおくん」、名前は「かばお」だけど実は妖精なんですって言われたら、もうワタクシは生きて行けないな、きっと。
スポンサーサイト



『盛岡さんぽ』さん

あれ~?
以前このブログでもご紹介したと思っていたのですが、どうしても見つけられないのであらためてご紹介させていただきます『盛岡さんぽ』というブログ。
fulalafuもしっかり素敵に紹介していただいておりまして、これを見てご来店された客様も少なからずいらっしゃいます。

そんな『盛岡さんぽ』さん、盛岡市PRのためのテレビCM(って言ってたと思うけど…)に出演するとかで、そのインタビューシーンの撮影場所にfulalafuをと。
嬉しいというか、ありがたいというか、まあ、いわゆる光栄なお話なのであります。
ただ場所を貸すだけなので気楽だし、ちょっとはfulalafuの宣伝にもなるかなと、二つ返事でOKしたのでありますが…。


撮影したのはこのアングルのみ

fulalafuで映っているのはソファの一部くらいかと。
たぶん『盛岡さんぽ』さん以外では、窓の向こうのユニバースさんの壁の方がいっぱい映っていると思います。
良かったですね、ユニバースさん(T_T)

それにしても『盛岡さんぽ』さん、さすがウェブデザイナーだけあってホント素敵なブログになっています。
あちこちで話題になっているので、すでにご存じの方も多いのでは。
fulalafuのお客様からも言われたことがあります、「こっちはまた見たくなっちゃうブログだものねぇ…」と、ワタクシの顔をマジマジと見つめながら。
なに、そのマジマジは?
もう二度と見たくないブログでも知っているかのような、その言い方。
まぁ、いいや。

盛岡に詳しい方もそうでない方も、また見たくなっちゃうブログだと思いますので要チェックなのであります。

新銘柄 『インドネシア クイーンスマトラ』 



本日より販売を開始いたしました『インドネシア クイーンスマトラ』
大まかな特徴についてはプライスカードに記載させていただきました。
このクイーンスマトラはインドネシア・スマトラ島北部のリントン地区というところで栽培されています。
この地区はマンデリンの産地の中でも優れた品質の豆が栽培されることで有名であり、さらに収穫の際は赤い実だけを一粒ひとつぶ丁寧に手で摘み取ることで、一般のマンデリンコーヒーに比べて際立った香りと芳醇なコクを楽しむことができるとされています。
皆さまにもぜひ一度お試しいただければと思います。

============================

というわけでございまして、販売しております、もう既に…。
ブログでのご案内が遅くなってしまい、毎度毎度のことではありますが大変申し訳なく思っているような、いないような…。

fulalafuとしての豆の紹介は前述の通り。
いやいや、そんなありきたりなコメントは聞きたくない。もっとナローでディープな感じで伝えて欲しいという方の為にワタクシの超個人的な印象を。
この芳醇なコクと香り、ハッキリ言ってゴッドファーザーのマーロン・ブランド。あの何とも言えない男の色気と哀愁と孤独、クイーンスマトラをもっとも端的に表しているのではないかと。
「誰?マーロン・ブランドって…」という方には、日本人で言うと役所広司。Shall we ダンス?~失楽園~マルちゃん正麺のCMまで幅広くこなすあの役所広司みたいな芳醇なコクと香りを感じますので、ホントに。
“ウソだと思ったら飲んで下さい”

御礼



という訳でございまして、3周年。じぇじぇじぇっ!
(先日の久慈ツーリング以来あまちゃんブーム再燃中ですのでご容赦ください)
店舗設計の打ち合わせや備品の購入、焙煎のデータ取りや風味のチェックなど開店準備のバタバタは遥か遠い昔のことのように感じている反面、ドキドキしながら迎えたオープン初日のことなどはつい先日のように感じていたりする、なんとも不思議な感覚なのであります。
長かったと言えば長かったような、短かったと言えば短かったような…。
まぁ、ありますよね、なんというか“時間の二面性“、もしくは“時間に対する感覚の二面性”みたいなもの。

「お客様への感謝の気持ちを忘れずに…」サラリーマン時代の研修で感謝の「か」の字も感じさせない人から言われたってぜんぜんピンと来なかった感謝の気持ち、今は痛烈に感じていたりする訳でありまして…。
非常に情けないというかカッコ悪い話だとは思いますが、立場が変わると気持ちも考え方も行動もしっかり変わってしまうのであります。(髪の量は変わらなけどT_T)
どこでも買えるコーヒー豆、便利とは言い難い立地、30分の待ち時間、ラッシャー板前のファン以外には一切魅力を感じさせない店主の風貌、わけのわからないへらへらブログetc.… ワタクシ自身行くのを躊躇してしまいそうなこんな店にわざわざお越しいただくお客様に感謝せずにいられる訳がないのであります。
本当に皆さま、ありがとうございます。

朝起きがけの目覚めの一杯に、ご主人やお子さんを送り出してとりあえず一段落の一杯に、どれどれ企画書ちゃっちゃと片付けちゃうぞ!の気合の一杯に、えーっうそーっやだーっの楽しいおしゃべりの場の一杯に、パラパラパラっと読書中の一杯に、これからもこんなちょっとした生活の一場面にfulalafuのコーヒーがさりげなく見え隠れしていることを目標に頑張って参ります。
今後とも皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に、店の経費に紛れさせて自分の欲しい本をちゃっかりせしめようとする妻と、それを見て野球用品は経費とならないのか確認してくる息子の協力あってこその3年間。
どうもありがとう。そしてこれからもよろしくね。

秋のてどらんご

一昨日の火曜日。
南極越冬隊かと思うような格好でご来店されたお客様を見て、慌てて外の気温を確かめに行ってしまいました。
確かに朝晩は冷え込むようになりましたけど、越冬隊はないんでないの、いくらなんでも…。
今からそんなに着込んでたら冬はどうするつもりなんでしょ?
全身白熊の毛皮とか着てこられたりしたらちょっと迷惑なんだけどな…、だって怖いし…。
まあ、とにかく皆さま、お風邪など召しませぬよう。

今度の土日は『てどらんご』です。
fulalafuも参加いたします。
が、基本的に通常営業です。
焙煎もいつも通り行いますのでご安心ください。

いつもと違う点としては、
・毎回大好評のcitronさんの美味しいお菓子を販売いたします。
 (日曜日はcitronさん本人も来てくれます)
・コーヒーはcitronさんで使用しているエスプレッソマシンをお借りして提供させていただきます。
・すぐにお持ち帰りいただける焙煎済みの豆は「鉈屋ブレンド」と「2014秋のブレンド」の2種類となります。
と、こんなところです。

土日の天気も大丈夫そうです。
皆様のご来店をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
あっ、全身白熊はご容赦下さい。
全身トナカイくらいなら大丈夫かな…。

接接接

水曜日、定休日、秋晴れ、ツーリング。


じぇじぇじぇっ!

今どき「じぇじぇじぇっ!」って言ってるワタクシに対して「じぇじぇじぇっ!」って思ってるんでしょうけど、皆さんは。
まあ、別に、そんなことは大した問題ではない。

問題なのは只今の時刻が11:00だということ。
通行止時間帯、ど真ん中。
「場所 : この地点より8km行った所」 って、現場までたどり着く前に事前に看板出してくれるのはとっても有り難いのですが、もう既に狭い一本道をここまで8kmくらい走って来てるんですけど…。
なんで最初から一本道の入り口付近にこの看板を置いてくれなかったのか…。
「場所 : この地点より16km行った所」 って書いて置いときゃいいのに…。
まぁ、しようがない、いろいろと大人の事情があるんでしょうから。


じぇじぇじぇっ! ちっちゃっ! あまちゃん灯台

肉眼だとそこそこの大きさなのですが、iPhoneカメラだとこんな感じに。
防波堤を歩いて灯台まで行けるようだけど、「行かんでいい、行かんでいい」とウミネコが言うから。


近づこうとするとすごい迷惑そうな目で見ます

「えっ、なになに、このオッサン、なんなのまったく、こっち来ないで、ホント、お願いだから、あっち行って!」
と、すごい露骨な態度。意外と傷つく。
今度会う時までにはもう少し大人な態度を覚えて欲しい。
さもないとチキンカレーの具の代用品として食べちゃうからね、怒られるの覚悟で。
「じぇじぇじぇっ!のウミネコカレー」、ネーミング的には意外としっくりくるような…?
まめぶ汁と真っ向勝負!


そうかぁ、「じぇじぇじぇ」は中国語では「接接接」って書くのかぁ

こりゃぁいいことを知った。
明日からはfulalafuに来るお客様全員に教えてあげようっと。
えっ、迷惑?
じぇじぇじぇっ!
プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示