FC2ブログ

サンタさん

ひぇ~、さすがは師走、コーヒー屋さんも走っております、店の中をパタパタと。
クリスマス、あっという間に過ぎちゃいました。
ワタクシにはサンタさん、寄ってく暇もなかったようです(T_T)
『サンタさんへ ボルボが欲しいです fulalafu』 って枕元にメモ置いといたんですけどね…
でもfulalafuにはお客様が来てくれるから、それでいいのであります、ワタクシは。


♫お客様がサンタクロース 本当はサンタクロース…

そう言えばクリスマス前のニュースで、
「今、サンタクロースはそりの練習で大忙しです」ってトナカイと一緒に練習しているサンタクロースの姿を映してました。
けっこう真剣に練習しておりました。
意外に慎重派みたいですね、サンタさん。
スポンサーサイト



恐いです、息子が (T_T)

今朝、洗面台の前で、
「お父さん、ちょっと痩せたんじゃない?」
「いやいや、ちょっと太ったよ、夜遅くにご飯食べるから」
「でも前に比べたらお腹ちょっとへこんだもん、痩せたよ、やっぱり」

普段だったらワタクシ、ちょっと嬉しくなるような会話なのでありますが、今は違う。


今、息子が読んでる本

『すごい!ホメ方』
職場で、
家庭で、恋愛で…
相手を思うままに操る
悪魔の心理術

なんじゃこれ?
なんだお前の目的は?
悪魔の心理術、覚えて何をどうしようというのか?

いやぁ、どうすればいいんだろ、ワタクシは?
中1の息子に今から思うままに操られたくなんかない。
しばらくは息子との会話、ワタクシ、かなりナーバスになりそうです。
参りましたね、どうも… (-_-)

クリスマスが近いのもちょっと気になる…。
知らず知らずのうちに、プレゼント、とんでもなく高いのを買わされてたり…。
あぶない、あぶない、怖い、怖い。

誰か息子の野望、聞き出してくれないかなぁ。
“聞き出した人、fulalafuのコーヒー豆1年分進呈!”
いかがです?

レッツ プレイ …

ナイターと言えば?
野球? ちゃうちゃう。
スキー? ノンノン。
ナイターと言ったらズバリ、“雪掻き”でしょう!

という訳で、これから店の前の雪掻きです(T_T)
明日は定休日。このまま凍っちゃうと木曜日が大変そうだから…。

ワタクシのできる唯一のウィンタースポーツ、“YU・KI・KA・KI”
タイムと芸術点の合計で。
目標、今シーズンの自己ベスト更新!
って、あ~、くだらない、あ~、めんど~、あ~、あ~、あ~ (T_T)


作品名 『なんだかわかんないやつ』

製作者の女の子に直接聞いたから間違いなし。
すごいですね。
ワタクシも負けずに頑張ろう。
『なんだかわかんないブレンド』なんてどうでしょ?

『2014-2015 冬のブレンド』



『2014-2015 冬のブレンド』、出しております、2日前から <(_ _)>
どーしてもパタパタしてしまい、なかなかブログでのご案内までたどり着けません(T_T)

今回のブレンドのおおまかな雰囲気はプライスカードにある通りです。
寒さ厳しい冬に飲むことを考えると、やっぱりフルシティローストをイメージしての配合になりました。
ベースはコロンビア。個人的にフルシティローストが好きな銘柄です。
そこにちょっと贅沢パプアニューギニアを。fulalafuのブレンドには初めて使いました。コクと甘みに貢献してくれます。
そしてモカ・シダモ。フローラルな香りが特徴的で今までのブレンドにもちょくちょく使ってます。今回はフルシティローストまで焙くことを考えて焙煎に負けないように少し多めの配合です。

冬のブレンド、より美味しく飲んでいただくためのおススメのシチュエーションとしては、“ストーブの前で犬を枕に本を読みながら”です。

もっとピンポイントでいくと、ストーブは薪ストーブ。ピチピチパチパチと。(私はもちろん持ってません、シトロンさんの家にはあります)
で、犬はアルプスの少女ハイジのヨーゼフ、もしくはフランダースの犬のパトラッシュ。(ミニチュアダックスだと動物虐待って言われます、たぶん)
そして本は伊丹十三のエッセイあたりが良いでしょう。(この前キャロラインのを横取りして読んだら面白かったので)
ここにウイスキーとピスタチオなんかがあるとサイコーっ!って思うかもしれませんが、今はコーヒーの話なので、じっと静かに冬のブレンドなのでありますね。

という訳で、いつものごとくご案内が遅くなってしまいましたが、『2014-2015 冬のブレンド』 皆さま、ぜひご賞味下さいませ(^^)/

年末年始の営業について

年末年始の休みについて相談したところ
「べつに休まなくていいんじゃないの?」
と、ムーミンママ。
愛ですね、愛。

年末は忙しくて体力的にけっこうキツイんだけどな。
ワタクシのこと、“疲れは知らないけど髪は薄くなってく珍しいロボット”くらいにしか思っていないんだろうな。
機械みたいに疲れを知らないのはムーミンママの口だって盛岡の人はみんな知ってるよ。
あの口、ホントに機械じゃないのかな?
あの動き、ギガ早い!

という訳で“禿げるロボット”、ちょちょっと油を注すために、ちょちょっとお休みいただきます。



年末は毎年けっこう混み合います。
お正月中にコーヒー豆が切れちゃうことのないよう早めにご準備いただけたらと思います。
皆さま、よろしくお願い申し上げます。

『盛岡さんぽ BOOK』


『盛岡さんぽ BOOK』

過日のブログでもご紹介させていただいた“盛岡さんぽ”さん。
ついに書籍となって再登場です。
今日お買い上げいただいたお客様、
「よくぞ本にしてくれた!」と。
“盛岡さんぽ”さんにも聞かせてあげたかったなぁ…。

という訳で、fulalafuにも置かせていただいております、20冊ほど。
なんでも、「2000冊限定での出版で完売後の増刷はしません」、とのことでした。
fulalafuでもすでに半分の10冊が売れてしまいました。
(うち5冊は男性のお客様。ちょっと意外?)

いわゆるあれもこれものガイドブック的なものとは一線を画し、独自の目線、独自の言葉で盛岡のほんの一部を切り取った、そんな感じの上品な一冊ではないかと、個人的には思っていたりする訳であります。
そして、お店や場所の紹介の他に「盛岡あるある」というコラムがあるのですが、この1ページだけでもこの本を持つに値する十分な意味があるのではないかと、そんな風にも思える一冊なのであります。

4ページにもわたってfulalafuを紹介して頂いており誠にありがたく思っているのは間違いないのですが、ただ一点だけ…。
他のお店の店主さん、顔だったり後ろ姿だったりがちらっちらっと写っていたりするのですが、fulalafuに関しては“指4本のみ”。
まあそれなりの考えや事情や都合があってのことだとは思います、“指4本のみ”。
思いますが、それならば、その考えや事情や都合とやらをしっかりとわかり易くお聞かせ願いたいと、そんな風にも思っていたりする訳であります。
今度会った時にはそのあたりのところ、ひざを交えてじっくりとお伺いし、後で皆さんにもご報告したいと思います。
ただし、私にとって悲しい理由であった場合にはご報告は控えさせていただきますので、悪しからず(-_-)
プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示