FC2ブログ

長ネギのお話し

長ネギが好き。
とっても好き。
「じゃあ、コーヒーと長ネギ、どっちが好き?」
って聞かれたらちょっと困るけど、コーヒー豆屋だからなぁ、今後のこともあるし、対外的にもねぇ…、などと色々考えて一応
「コーヒー」
って答えておく、それくいらい長ネギが好き。

問題はキャロラインが長ネギあまり好きじゃないってこと。
そして長いってこと。(長ネギだからね、仕方ないけどね)

キャロラインが長ネギ買ってくれないから、ワタクシの貴重な休日、オートバイ乗りたいし長ネギ食べたいしそしてネギ長いし、ということで必然的にこんな感じになってしまう…。



この状態で川徳の前を走るの、それなりに勇気がいる。
シャトルバス待っているおばちゃま方の視線が気になる。
あそこのスクランブル信号、赤で停まるくらいなら死んだ方がマシ。
こんな間違ったハーレーの使い方、アメリカの人にも申し訳なくて見せられない。
それでも好きなんだな~、長ネギ♡

誰か作ってくれないかな、長くない長ネギ。
スポンサーサイト



落ち葉のfulalafu



4周年のお祝いにとお客様からいただきました。
クローバーの絨毯の上に色づいた落ち葉で『fulalafu』と。
盛岡城跡公園で作業して写真を撮ってくれたとのこと。
うれちい♡
でも若い女性が一人でこの作業をしていたら、いろんな誤解をうけそうな気がする…。
大丈夫だったのかな?いまさら心配しても仕方ないけど。
とにかく素敵な写真を本当にありがとうございます。
大切にしますね。

ただちょっとだけ残念だったのは、水沢のマルヨウさんにもこのパターンで写真撮ってあげてたという事。
マルヨウさんはオープンして1年と1ヶ月っていう中途半端なときだからそんなの要らなかったのに。
「マルヨウさんのも撮ったんですぅ」ってスマホのデータ見せてもらったとき、スマホ取り上げて真っ二つにしとけば良かった。
あ~、後悔する~ (-"-)

御礼 4周年

本日10月15日、fulalafuは創業4周年を迎えることができました。
これもひとえに皆さまのご支援ご愛顧の賜物と心より感謝いたしております。
これを機に創業当初の気持ちに立ち返り、より一層の発展と皆さま方のご厚情にお応えすべく、決意を新たに努めて行く所存です。
なにとぞ倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

                 fulalafu店主 鮫ノ口厚志

====================

という訳でございまして、4年もの月日があっという間に流れてしまったようなのであります。
皆さまにはいつもご愛顧いただきまして本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。
1分間レンジでチンすれば何でもできるこのスピード時代に、30分もかけてコーヒー豆をお渡しするfulalafuにお付き合い頂いている皆さまの気が知れない、と思ったり思わなかったり…。
あ、いやいや、それでも本当に皆さまには心から感謝しているのであります、本当に、本当に、本当に。
忙しい時には余裕のない対応をしたりして、未だに反省と自己嫌悪の毎日だったりする訳ではございますが、少しずつでも改善と成長をしていきたいと考えておりますので、今後ともお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

そしてキャロラインとその息子にも感謝の言葉を述べておいた方が何かと都合が良さそうなので…。
いつもゆっくり話を聞いてあげることができずにスミマセン。
本当はワタクシだって、ミツカン味ぽんの大瓶が冷蔵庫のあっちとこっちに入っている理由や、しかもその2本が同時進行で使われている理由を一晩ゆっくり聞いてあげたいと思っているのです。
冷蔵庫内の在庫の有無を確かめてから買い物するし、もし間違ってダブって買ってしまった場合には古い方から先に使ってしまおうと考える凡人のワタクシには思いもよらないような、画期的な味ぽんの買い方および使い方をキャロラインから聞かせていただきたいと…。

ナイスピッチングの試合のことはへらへらと喋ってくるけど、大炎上した試合の夜は龍泉洞のカタツムリ(いるかどうかわからないけどあくまでイメージです、イメージ)くらい寡黙な息子にも、大炎上の理由をゆっくり聞いてあげたい。
相手チームの打線が湿りがちだったので元気づけるためにバコスカバコスカ打たせてあげたんだと、直接息子の口から聞いてその優しさを褒めてあげたい。
そのうちにちゃんとゆっくり聞いてあげるからね。
いろいろと我慢と協力、ありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。

長々となってしまいましたが、あらためまして5年目の営業に突入したfulalafuをどうぞよろしくお願いいたします。
そして、できればまた5周年のご挨拶をこのへらへらブログで書かせていただきたいなどと…。


初めてです、小学2年の女の子から花をいただいたの
ありがとうございます♡♡♡

稲庭高原ツーリング

とにかく一日一日があっという間に過ぎて行くからちょっと困るというか怖いというか…。
そんなわけだから一週間も一カ月ももちろんあっという間。
ワタクシの一番好きな時期、夏と秋と変わり目というか、夏と秋の“のりしろ”のような部分はもうとっくに過ぎ去ってしまったようでちょっと寂しい。
オートバイに乗れるのもあと2、3回くらいかな…。

というわけで、がんばってツーリング。
ここ何年か浄法寺の街中を通るたびに気になっていた『稲庭高原』という案内標識。
稲庭と言ったら秋田の饂飩しか思いつかないワタクシ。
高原もあったとは、しかも岩手に。


こんな感じでしたよ

ワタクシのiPhoneカメラ技術だとこれくらいにしか写せないけど、こじんまりとしていてなかなか気持ちの良いところ。
なんというか、わかり易く表現すると永作博美を高原にしたような感じ…。


あれが稲庭岳かな、たぶん…

ここから500mくらい行くとキャンプ場もあったので、来年の夏はお昼寝ツーリングに来てみようと思ったり。
避暑にはちょうど良いかも。


道路脇では黒と白の牛の親子が胡散臭げにワタクシのことを、じーっと

黒い親からでも白い仔牛が生まれるんだな、と思ってよく見たらヤギでした、白くて小っちゃい方。
仲良しみたいでしたよ、牛とヤギ。
同じ柵の中にいて間違いは起こらないのかとちょっと心配にもなったけど、もし何かあったとしても二人の気持ちさえしっかりしていれば大丈夫だからねって、そっと一言かけて稲庭高原を後にしたのでありました。

寒かった~。



プロフィール

fulalafu

Author:fulalafu
コーヒー生豆の焙煎ショップ
    fulalafu  の店主です。
当店ではお客様に生豆を選んでいただいてから焙煎を行います。
煎りたてのコーヒー豆の香りを楽しんでいただくのはもちろんの事、ご自宅でコーヒーを淹れている時間そのものが楽しくなるようお手伝いができたらと思っています。
焙煎には30分程度のお時間を頂戴することになります。
焙煎の待ち時間にはコーヒーを1杯無料でサービスいたしますので、店内のソファでゆっくりとお寛ぎいただければ幸いです。
◎お時間の無いお客様には、焙煎済みの豆も数種類ご用意しております。(焙煎済み豆にはコーヒー1杯のサービスはございません)
◎カフェとしてコーヒーをお飲みいただくこともできます。

営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
住所 〒020-0827
   盛岡市鉈屋町15-8-101
tel/fax 019-681-7917
http://www.bizserver1.com/fulalafu/
※ユニバース鉈屋町店さん建物の背中(すぐ裏)
※地図は下段・カテゴリ>地図 にあります

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ときどき表示